メニュー

三叉神経痛

ものを食べた時、歯磨きの時、洗顔の時、お化粧の時など顔面に触れると瞬間的に鋭い痛みを生じる病気です。

痛みは瞬間的ですが痛みの程度が強いため、日常生活が大きく障害されます。

都度あるごとに痛みが誘発され、精神的にまいってしまい自殺を考える人もいるくらい痛みは強烈です。

三叉神経は脳神経の中でも最大の神経で左右1対あり主に顔面の知覚を受け持っています。

各々が3本の枝を出しおおまかにいうと第1枝は額、第2枝は頬、第3枝は顎の知覚を担当しています。

脳腫瘍などにより神経が圧迫される場合(続発性三叉神経痛)と原因不明の場合(特発性三叉神経痛)がありますが、特発性三叉神経痛は現在では脳内で三叉神経が血管により圧迫されることが原因とされています。

治療法はカルバマゼピンという抗てんかん薬の内服、三叉神経ブロック、手術で神経の圧迫を取り除く方法があります。

テグレトールは効果の高い薬ですが、眠気やふらつき、肝機能障害、薬疹などを生じることがあり十分な効果を得るまで服用ができないことがあります。

手術(三叉神経減圧術)は確立された術式ですが、脳深部の手術のため重篤な合併症の生じる可能性は否定できません。また術後の癒着などで再発するケースもあります。

三叉神経ブロックによる治療法は昔からある方法ですが、当院では局所麻酔薬によるテストブロックで痛みが消失するケースにおいては高周波熱凝固(RF)を行い神経を変性させ痛みの伝達を抑制します。

効果は年単位で維持できることもあります。神経は再生するため効果がなくなった場合は再施行する必要がありますが、外来で行える治療で手術のように侵襲が高くないので高齢者の方には特に適しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME