メニュー

帯状疱疹の痛み、帯状疱疹後神経痛

子供の頃にかかった水疱瘡のウイルスが神経節という脊髄神経の根っこに潜んでおり、加齢、疲労、ストレスなどで免疫力が弱った時に再活性化し神経障害を起こす疾患です。

身近な人の死別や仕事での極度のストレス、癌などの疾患、免疫抑制剤の投与やステロイドの長期服用など様々な原因で免疫力が低下しているときにかかることが多いです。

通常は片側で体幹では背中側から胸やお腹の方まで帯状に発疹や水泡が出ます。体幹以外では顔、手足にも出ることもあります。いずれも片側で神経の走行に沿って症状が出ます。

最初は原因もなく皮膚がヒリヒリと痛くなるものの、発疹が出るまでは数日のタイムラグがあるため、この間に医療機関を受診しても原因がわからず湿布を出されて終わってしまうことも多いです。

その後発疹、水泡が出るので患者さんは皮膚科に行き、帯状疱疹の診断がつきます。

抗ウイルス薬の投与により、帯状疱疹自体は2週間ほどで色素沈着を残し発疹は治っていきますが、神経障害の程度によってはその後も痛みが続き慢性化します。

触覚を伝える神経と痛みを伝える神経が混線してしまうことがあり、触っただけ、撫でられただけでも痛みを生じます。

日常生活的には下着や服が擦れると痛みがでたり、露出部位は風などが当たっただけでも痛みが生じるため日常生活に大きく支障を与えます。
神経障害性疼痛の代表的な疾患です。

かかってからだいたい3ヶ月程度までを急性期といいそれ以降は慢性期といいます。

急性期は神経ブロックの治療の反応性がよく、繰り返し施行し痛みを抑えることで痛みが慢性化しづらくなると言われています。

痛みが残ってしまい、慢性的な痛みになったとしても神経ブロックの治療により痛みの程度が低下することも多々あります。

当院では積極的に神経ブロックや高周波パルス療法(PRF)を行い、痛みの軽減に努めております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME