メニュー

痛みについて

痛みの種類

色々な痛みがありますが、痛みの種類は大きく3つに分類されます。

1.侵害受容性疼痛

ぶつけたり、切ったりした時の痛みです。
打撲、捻挫、切り傷、骨折、やけど、などたいていの痛みが該当します。
痛みの性状はズキズキ痛い、ジンジン痛いなどと表現されることが多いです。
一般的な痛み止めが効きます。

2.神経障害性疼痛

神経が障害された時に出る痛みです。
ピリピリ、ひりひり、焼けるような痛み、針で刺されるような痛み、しびれを伴う痛みなどと表現されることが多いです。

一般的な痛み止めはほぼ無効です。神経障害性痛用の痛み止めを使用しますが、いずれも効果が出るまで時間を要し、効果もはっきりとわかりやすいものではありません。痛みの程度が強く、緊急性がなくても患者さんがギブアップしてしまうケースが多いです。

神経障害性疼痛に対して鎮痛を行うには内服治療よりも痛みの遮断ができる神経ブロックの方が効果的です。

3.心因性疼痛

心理的要因で生じる痛みです。
慢性的な痛みでは多かれ少なかれ心理的な要因が絡んでいることが多くあります。
痛みが長く続くことで仕事や日常生活が妨げられたり、また周囲からは痛みに対して理解が得られず怠け者扱いされてしまったりするなど精神的に追い込まれてしまい、うつ状態になってしまうこともあります。こうした状態は痛みをさらに悪化させることがわかっています。

痛みの悪循環

障害を受けた組織では炎症性物質が放出され、神経を通じて痛み刺激が脳に伝わると交感神経が刺激されます。これにより血管が収縮し、筋肉は緊張し、血流が悪くなるため、障害を受けた組織ではさらに炎症が悪化、痛み刺激がまた脳に伝わります。脳は通常、痛みに対する防御能力があり伝わってきた痛み刺激を間引きますが、痛み刺激が繰り返されるとこの防御能力が低下して痛みを強く感じてしまいます。こうした状態を繰り返しているうちに雪だるま式にどんどん痛みは増強してしまい、脳では本来の痛みよりも強く認識されてしまっていることもあります。

こうした状況を痛みの悪循環といいます。通常、傷ついた組織は一定期間で修復が進みますが、この過程がうまくいかなかったり適切に痛みのコントロールがなされないと痛みの悪循環に陥ってしまうわけです。痛みが慢性的な場合はこの機序が絡んでいることが多いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME