メニュー

神経ブロックによる痛みの治療

神経ブロックとは

神経ブロックは神経やその近くに薬を注入し、神経の伝達機能を遮断する方法です。痛みを伝える神経をブロックするため、注射部位は必ずしも痛みの部位と一致するわけではありません。

痛みの悪循環を遮断することが可能であり、交感神経を遮断することで血流が良くなり、傷ついた組織の修復が促進されることで痛みの改善につながります。

局所麻酔薬の効果自体は数時間ですが、上記の作用で薬の効果が切れても鎮痛効果が長く続きますので一時的な鎮痛目的で行う訳ではありません。また、神経によってはパルス高周波法(PRF)や高周波熱凝固法(RF)を行うことによってさらに鎮痛効果の延長が可能です。

よく使用される神経ブロック

以下によく使用される神経ブロックをあげました。また、神経ブロックではありませんが関節ブロックやトリガーポイント注射についても頻度が高いので触れています。

当院では神経ブロックはできる限り超音波ガイド下、X線透視下に行うことで、安全に確実な神経ブロックを行えるように心がけております。

星状神経節ブロック

喉ぼとけの横から注射して首の骨の上にある星状神経節という大きな交感神経をブロックします。
頭頸部、顔面、上肢、上胸部に効果があり、痛みや血流改善の効果があります。
胸から上に痛みがある場合まず、施行する基本的な神経ブロックです。

硬膜外ブロック(頸部・胸部・腰部)

仙骨硬膜外ブロック

背骨の中の硬膜外腔というスペースに注射します。
首、胸、背中、腰、お尻などブロックを効かせたい部位に注射する事で範囲を調節できます。
ペインクリニックでは星状神経節ブロックと並んで多用されるブロックです。
帯状疱疹の痛み、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など様々な疾患の治療に用いられます。

神経根ブロック

背骨の中を通る脊髄という太い神経の束から神経がでた部分を神経根と呼びますが、骨や椎間板によって圧迫を受け炎症を起こしてしまうことがあります。
ヘルニアにより圧迫されている原因神経を同定したり、神経根の炎症の治療時などに用いられます。

腕神経叢ブロック

頸椎症、肩こり、帯状疱疹、胸郭出口症候群など様々な疾患の治療で行います。
斜角筋間、鎖骨上、腋窩などのアプローチがあります。
外来では斜角筋間アプローチが最も多く使用され、当院では超音波ガイド下や透視下で行っています。

肩甲上神経ブロック

五十肩(肩関節周囲炎)や帯状疱疹などに行います。

三叉神経ブロック

主に三叉神経が痛の治療時に行います。
眼窩上神経ブロック、眼窩下神経ブロック、下顎神経ブロック、おとがい神経ブロックなどがあります。
局所麻酔薬によるテストブロックで効果がある場合、高周波熱凝固法(RF)を行います。

肋間神経ブロック

肋間神経痛、帯状疱疹、肋骨骨折の痛みなどの治療に用います。

椎間関節ブロック

椎間関節は背骨と背骨が噛み合う関節です。加齢に伴って変形を来すことも多く、神経圧迫や痛みの原因となることが多いところです。脊髄神経の後枝内側枝が交通しており、痛みがひどい場合は高周波熱凝固法(RF)を行うこともあります。

仙腸関節ブロック

骨盤を形成する大きな骨、腸骨と仙骨のつなぎ目のところに注射します。
仙腸関節が原因となる腰痛は意外と多くあります。

四肢の関節ブロック

主に肩関節、膝関節、股関節に行なっております。

トリガーポイント注射

体表から強く圧迫されると痛みが誘発されるところをトリガーポイントといいます。トリガーは引き金という意味です。痛みが誘発される部位は圧迫部位と一致しなくても構いません。トリガーポイントは触ると硬くなっておりシコリように触れることが多く、この部分に注射することで鎮痛効果を得る方法です。肩こりや腰のはっている場所などで施行することが多いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME