メニュー

背骨の構造と神経痛

背骨(脊椎)は脳から連なる大事な神経の束(脊髄)を傷つけないように格納しています。
椎骨という骨がいくつも連なりトンネル(脊柱管)を構成しており、椎骨は頸部(首)は7個、胸部は12個、腰部は5個あり、それぞれ頸椎、胸椎、腰椎と呼びます。

腰椎は仙骨と呼ばれる骨盤を形成する骨に接続しています。

骨と骨の間は椎間板というクッションがあり、骨同士は椎間関節という関節で噛み合って靭帯や筋肉で強固につながっています。
また、上下の骨で椎間孔という脊髄から左右に枝分かれする神経を通す通路を形成しています。

頸部、胸部、腰部によって骨の形は異なりますが、基本的な構造は共通です。トラブルが多いのは圧倒的に頸椎と腰椎で、可動性が高く負担がかかりやすいことによります。

椎間板は弾力のある組織ですが加齢ととも水分が失われ、その弾力性を失っていきます。

椎間板の変性は椎間関節に負担がかかり変形につながります。靭帯は変性し硬く厚くなってしまったりします。

椎間板が潰れて突出したり(椎間板ヘルニア)、椎間関節が変形してしまったり(椎間関節症)、椎骨が変形したり(変形性脊椎症)厚くなった靭帯や椎間板によって脊柱管が狭くなったり(脊柱管狭窄症)様々な要因で神経を圧迫することがあります。

神経は血流による影響を受けやすく、圧迫が強くなると血流が悪くなり炎症を起こします。長く続くと痛みやしびれ、感覚障害、筋力低下など様々な臨床症状を引き起こします。

神経痛は痛みが強いのですが、一般的な痛み止めのお薬(NSAIDsやアセトアミノフェン)はほとんど効きません。症状が痛みのみだと緊急性が低いため(麻痺がある場合は手術適応になります。)治療対象にならず、患者さんは我慢を強いられます。日常生活に影響が出るほどの痛みで苦しんでいる方は多く存在します。

こうした病態は神経ブロックの良い適応であり治療効果も高いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME