メニュー

頚椎領域の痛み(首、肩、背中、腕)

頸部痛は筋肉の痛みからくるものも多いですが、頸椎からは上肢を支配する神経が分岐するため頸部だけでなく肩や肩甲骨の間、上肢にも痛みを生じることがあります。

また、腰椎と比べると骨が小さく、狭い脊柱管内に脊髄が存在するため神経障害は深刻になる可能性があります。 

頸椎症

頸椎が変形したもので、腰と同様多くは加齢によります。骨棘により神経圧迫症状が出ると(神経根症)肩、上腕部、肩甲骨のあたりに痛みをきたし、その程度も強いため問題になります。

頚椎椎間板ヘルニア

頸椎の椎間板が後方に突出している状態です。神経を圧迫し、炎症を起こすと神経根症を起こし痛みが出ます。

頸椎は腰椎と比べ小さく脊柱管も狭く脊髄が通るため、進むと脊髄を痛めてしまうことがあります。(脊髄症)

脊髄症の場合、症状が進んでくると書字やおはし、ボタン掛けなど細かい運動ができなくなります。(巧緻運動障害)また、足に力が入らず転倒しやすくなったり、排泄のコントロールがつかなくなったりします。重症例は基本的に手術適応となります。

神経根症

頚椎症であれ頚椎椎間板ヘルニアであれ、神経根が刺激され炎症を起こすとこの状態になります。

痛みは頸というよりも腕、肩甲骨を痛がります。初期は腕の重だるい感じなどで始まりますが、症状が進むと痛みの程度は強く、我慢しがたいものになります。仕事ができないくらいひどくなることも多々あります。

患者さんは整形外科を受診しますが、手術適応ではないといわれて、内服と電気治療しか受けられず、痛みに耐えているケースがほとんどです。実際手術適応にならないのは確かなのですが、この状態では内服はほぼ効かず、痛みを何とかしてほしいという患者さんの希望は解決しません。神経ブロックを行う必要があります。

ペインクリニックでも頚椎領域を扱っているとクリニックは少なく、神経症状が出ていてもトリガーポイントなどで済まされているケースが多々あります。

治療には神経ブロックが必要です。

 

頚肩腕症候群

デスクワークを主体とする現代人に多い疾患です。

首、肩、背中、特に僧帽筋の領域に異常にコリやハリが常時あり、痛みが出ます。重症例は痛みに加え、嘔気、頭痛なども伴います。

医療機関を受診し検査をしても、これといった異常所見はみつからず、痛み止め、筋弛緩薬、電気治療や運動指導などの対応になります。

しかし、重症例ではこういった治療は効果がなく、理想論ばかり言っても解決できないケースが多々あります。

当院ではある程度症状が重症な方に対しては神経ブロックによる治療を行っております。

むちうち(外傷性頚部症候群)

交通事故などで首を傷めてしまったものです。MRIなどの画像検査をしても異常はないが、痛み止めの内服や電気治療などを行ってもなかなか痛みが引かない、こんなケースでは神経ブロックの治療が勧められます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME