メニュー

骨粗鬆症と腰椎圧迫骨折

骨粗鬆症は主に高齢女性に多く見られます。

骨は「作っては壊して」を繰り返して常に新しい骨でいられるように維持されています。

このバランスが崩れ壊す方に偏ると骨はスカスカになってきてしまいます。女性ホルモンは骨を壊す細胞を抑制するため、閉経を機に卵巣から女性ホルモンの分泌が低下すると骨が壊される方にバランスが偏り、骨粗鬆症が進みます。

腰の骨は体重がかなりかかるところなので骨粗鬆症の状態だと転倒はもちろん、くしゃみをしただけでも骨折してしまうこともあります。

また、大きな力が加わらなくとも少しずつ潰れていき、自覚がなくとも骨折をしている、いわゆる「いつの間にか骨折」を引き起こすこともあります。

骨が潰れることにより脊髄を圧迫することがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME